アルバイトの決め方にはいろいろあります

アルバイトの決め方にはいろいろあります

アルバイトでの一人暮らし。

就職氷河期だった時代にうまく就職先を見付けられなかった私は、アルバイトをしながら実家に寄生して生きていました。月にある程度の生活費を親に渡し、残った給料は交通費や通信費、交際費で消えていき、貯蓄とは程遠い生活をしていました。周りの就職を決めた友人たちは、次々に実家を出て、一人暮らしをし始めました。そんな姿に少なからず焦燥感を感じ始めたのです。それからは就職先を探しつつ、アルバイトをしていたのですが、なかなか見つからずに結局はアルバイトで働いたお金だけで一人暮らしをしてみることにしたんです。

その時の給料は、平均して12万円。親の扶養を抜けない程度に働いていた為、これ以上の稼ぎは難しかったのですが、就職先が見つかるまでは仕方がないと思っていました。周りからは生活が出来るわけがないと言われましたが、狭いワンルームのアパートで節約をすればなんとか生活が出来ました。それまでは親に甘えてフリーターの道を歩んでいましたから、一人になることにより、意識が変わったように思います。皆がボーナスで旅行に行ったり、ブランド品を買う姿を見てもあまり気にしてなかったのに、一人で節約生活をする方が余程お金の有り難みを実感したんです。フリーターでも生活をすることはできますが、やはり安定した生活ではないので、しっかり働ける職場を探す意欲は増しました。

お役立ちサイト

Copyright 2017 アルバイトの決め方にはいろいろあります All Rights Reserved.