アルバイトの決め方にはいろいろあります

アルバイトの決め方にはいろいろあります

様々な職種のアルバイトの時給

アルバイトの時給に関して、コンビニやスーパーマーケットなどの一般的なサービス業の時給は、700円から800円程度が相場です。一般の事務関連の仕事に関しては、800円から千円程度が相場です。一方で、工場内の作業などの製造の仕事に従事する場合、基本的には800円程度の時給になりますが、建設現場での作業に関しては時給に関しては千円程度になる場合が多いです。プログラマーやシステムエンジニアなどの専門職として臨時的な仕事に就くと、時給が1500円から2千円以上になる事もあって、専門職の時給に関しては幅が広くなります。アルバイトの給料は、原則的に仕事の内容が厳しいほど上がる傾向で、誰でも出来るような仕事であれば最低賃金に近い給料になる傾向です。

アルバイトの中で極端に高い時給と言われる仕事は、治験の関連の仕事で、あまり動かなくても時給に換算すると5千円以上にもなる事があります。仕事の内容によっては、さらに給料が上がる事で、体を動かしなら行う作業よりもお得な仕事です。営業関連の仕事に関して、基本的に時給を千円程度に設定している企業が多いが、営業の成績などによっては給料が上がる傾向で、トップのセールスマンになると高額の時給になります。

Copyright 2017 アルバイトの決め方にはいろいろあります All Rights Reserved.