アルバイトの決め方にはいろいろあります

アルバイトの決め方にはいろいろあります

私のアルバイトの経験です。

私が転職の合間にアルバイトで働いていた時の経験です。飲食店で一年間働きましたが一番大変だったのは誰とでも話をうまく合わせなければいけない事でした。実際働いたきっかけはパート募集の広告でしたから、いつかパートとして保険や、失業等も入れると思っていたのですが、雇用主さんの方は「主婦で時間に都合の付く方」と言う意味だった様です。働いている内にお店の経営状態もあまり芳しくなくなり、どんどん時間も短縮されていきました。

最初朝10時から午後3時までの5時間働いていたのが、一年経過した頃には3時間の仕事でした。一日3500円だったのが2100円まで減りました。近所だったので通勤時間も5分です。途中で家に火の消し忘れを確認しに戻る事も出来増した。それも含めての2100円です。それでもなんとか続けたかったのですが、以前の仕事に比べて人と話をするのがとても多いのが厳しかったです。お昼時の忙しい時間を過ぎるとその後のお客様は暇つぶしにいらっしゃる方が殆どです。一人でみえてカウンターに座られる方には話し相手をしなければいけません。それが私には不得手な事でした。片方の耳が聞こえないので正面から掛けられた声しか聞き取れないのです。動きながら話を聞けないのでいつも手が止まってしまいます。経営者さんには何も言われませんが、自分のストレスでイライラしました。これが続かなかった原因です。

Copyright 2018 アルバイトの決め方にはいろいろあります All Rights Reserved.