アルバイトの決め方にはいろいろあります

アルバイトの決め方にはいろいろあります

アルバイトで働く人の所得税

アルバイトで働いている人にはそれぞれの立場の人がいます。フリーターとして働いている人も主婦や学生として働いている人もいます。主婦や学生が扶養家族として働いている場合に気を付けなければいけないことがあります。まず、年収が103万円以上になると所得税が課されることです。ただし学生の場合は勤労学生控除という制度があるため年収130万円以下の場合は所得税は課されません。年収が103万円以下の人は源泉徴収として給与から天引きされていたお金が確定申告をすると戻ってきます。月収が8万5千円以下の場合は全額戻ってきます。アルバイトで働く人こそ確定申告をした方が良いことがあるようです。

もうひとつ、気を付けなければいけない重要なことがあります。年収が103万円以上になると扶養家族ではなくなってしまうことです。例えば学生の場合に扶養家族から外れてしまうと親が払う税金が多くなってしまいます。年収が103万円以下の場合は扶養控除が適用されるので、親の払う税金の額も増えません。主婦の人などで年収が103万円以上になってしまわないように気を付けて調整している人が多いのはこのような理由があるためです。扶養から外れると困る場合は気をつけましょう。

Copyright 2018 アルバイトの決め方にはいろいろあります All Rights Reserved.